Welcome to

通州事件アーカイブズ設立基金 Web

Home / 櫻井よし子先生コラム「中国人の邦人惨殺、通州事件を学べ」

櫻井よし子先生コラム「中国人の邦人惨殺、通州事件を学べ」

櫻井よし子先生のコラムを紹介いたします。全文は下記のリンクからご覧下さい。

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/11/17/6583



「 中国人の邦人惨殺、通州事件を学べ 」
『週刊新潮』 2016年11月17日号
日本ルネッサンス 第729回

『文藝春秋』元名物編集長の堤堯氏が嘆く。――氏と同年代(70代後半)の日本男児が余りにも歴史を知らないと。

「仙台の中学の同期生、12~13人の集まりで通州事件を知ってるかと尋ねたら、知っていたのがわずか3~4人。歴史呆けは若いモンだけじゃない」
 
詳細は後述するが、通州事件は昭和12(1937)年7月29日払暁に、中国河北省通州で発生した日本人虐殺事件である。日本人を守るべき立場にあった中国人保安隊が一挙に襲いかかり、日本人居留民225名に加えて日本軍守備隊32名の計257名を尋常ならざる残酷な方法で殺した。
 
日中戦争のこの重要事件を知らないのは堤氏の友人だけではない。他の多くの日本人も同様ではないか。その理由について、『慟哭の通州 昭和十二年夏の虐殺事件』(飛鳥新社)を上梓した加藤康男氏が非常に重要なことを指摘している─「日本政府は戦後一貫して事件のことを口にしていない。奇妙なことだが、日中両国政府がこの事件を『なかったこと』にしてしまっているとしか思えない」。

(以下、リンク先にてお読み下さい)